AGA治療薬は大きく分けると2つのタイプに

脱毛を防ぐタイプの治療薬

AGAとは男性型脱毛症のことで、いわゆる薄毛になってしまうことを指して言います。遺伝や男性ホルモンが関係していることが多いため、一昔前では諦めるしかありませんでした。ところが最近ではAGAの専門クリニックができていて、治療することが可能になっています。その時に多くの人は、専門医から治療薬を処方されるのですが、実はそれには大きく分けて二種類あるのです。まず脱毛を防ぐタイプの治療薬に関してですが、飲み薬が多いです。これは脱毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑えたり、分泌量を少なくしたりします。まだ髪の毛の量は十分にあるものの、最近抜け毛が増えてきたので、将来薄毛になるのを防ぐために使用されるのが一般的です。

発毛を促進する治療薬

二種類あるAGAの治療薬のもう一方が、発毛を促すタイプのものです。こちらも脱毛を防ぐタイプの治療薬と同様に、飲み薬が処方されることが多いです。ただ薄毛の具合や、クリニックによっては頭皮に直接塗るものが処方されることがあるのです。こちらは毛を作る細胞に栄養を送り、発毛を促進するというわけです。一般的には塗り薬よりも飲み薬の方が効果が高く、短時間で結果が出やすいと言われています。その反面、塗り薬は副作用が少なく、現在他の病の治療薬を服用している人でも比較的安全に使用することが可能です。いずれのタイプの治療薬を選ぶにしても、自分に合ったものを使わなければいけません。そこで必ずAGAの専門医に診てもらい、使用する治療薬を選びましょう。